小さな路地の、大きなリビング

計画地は幹線道路から1本入った路地に面しており、低層住宅が密集するエリアであり、ご近所付き合いという小さなコミュニティが残っている。

本計画では住宅とまちの接点となる部分に大きな扉を設ける。扉を開くことで生まれる縁側が住宅の領域を少しだけ拡張させ、家族生活と地域社会の距離を調整する。1階の仕切りのないワンルーム空間は家族の団欒だけでなく、ご近所の集まりや、趣味の教室を開いたりなど、地域に開かれたスペースとして活用することも可能である。

計画地

用途

構造・規模

延床面積

​計画

:東京都杉並区

:個人住宅

:木造2階建

:83.43㎡

:2018年